構造物調査診断

  ・いま注目されている地震対策は、まず調査・診断から始まります

●目視調査

  ・調査項目 (壁面クラック[割れ]の長さ・幅、欠損、鉄筋露出、
          モルタル剥離、水漏れ、etc)
●鉄筋探査

  ・調査項目 (RCレーダー、X線撮影による配筋調査)
●コアボーリング

  ・調査項目 (圧縮強度試験および中性化測定[下記]の為のサンプル抽出)
●フェノールフタレイン法

  ・調査項目 (中性化測定に基づくコンクリート劣化判定)
●シュミットハンマー法

  ・調査項目 (シュミットハンマーによる推定圧縮強度測定)
●不同沈下量測定

  ・調査項目  (構造物全体の傾斜測定)
●超音波探傷試験

  ・調査項目 (既存鉄骨溶接部の欠陥の有無、目視による溶接部形状の
          調査)









 Copyright (C) 2005 NIKKOKEN CO.,LTD. All Right Reserved.